国からお金を借りる方法を紹介

どうしてもあのアイテムが欲しい

 

人間だれしも、見初めたアイテムがあれば、何とかして手に入れたいと思いますよね。
そのアイテムが、世間で品薄であったりすればなおさらです。
さらに、そのアイテムがオークションなどで定価より高めに出品されていたとしても、手に入るならばなんでもする。
と考えてしまうことだってあります。
 つまり、どうしてもあのアイテムが欲しいとなったときは、お金を借りてでも費用を調達して、アイテムを買いたいと思うわけです。
オークションってのは本当にそのあたりの射幸心をあおるのが上手だなあと思います。
手に入らない品物を何とかして手に入れたい、その気持ちを煽られるんですもの。
 ですが、借りてまで買わなくてもいいじゃないかと、勝った後で後悔することもあるんです。
まあ、欲しいアイテムを手に入れて、毎日気分よく生きることも、たまには必要かなと思います。

 

急な出費がある時にお金を借りたい

 

急にお金が必要になった時は銀行などで借りたいと思っています。
友人の結婚祝いや出産祝いなど、最近はお祝い事で出費することが多く、お金のやりくりが大変になってきました。
普通に生活する分には節約をすればいいのですが、お祝い事で急にお金が出て行ってしまう時はどうしようもありません。
積極的に借りたいですね。突然の出費は生活費に負担がかかりますから、躊躇せずに借りようと思います。
何千円の単位ならまだいいのです。
家にあるお金でどうにかなります。
しかし、万の単位になると我が家ではさすがに厳しいです。それも立て続けとなるとお金を借りなければはっきり言って無理です。
急な出費には頭が痛くなりますが、どうにもならなくなったらお金借りるしかありませんね。

 

カードローンで生活できました。

 

夫の名義で作ったカードローンが二枚ありました。現在は、わたしの名前でカードローンしてる某銀行もあります。
普段は夫の給料で生活ができているのですが、子供が中学、高校、大学生となると塾や学費がだんだんと高くなり、そんなときにカードからお金を借りては返済していました。
二人の子供が大学を卒業したと同時に、少しだけ生活に余裕も出てきたように思います。
カードローンができなかったら、わたしのパートと夫の給料だけでは生き抜いてこれなかったはずです。
お金を借りるというイメージは悪いように思いますけど、銀行や金融業者さんたちがあるおかげで助かってる人たちはたくさんいると思います。
もし、お金が借りれない家庭だったら、二人の子供たちは大学へまでの進学ができなかったでしょう。
いまは銀行さんや業者さんには感謝しています。

 

お金を借りる方法は幾つかありますけど

 

個人的に親、勤務先の会社、業者…この3つからお金を借りるのはオススメしません。
友達から借りるのは、人間関係のトラブルの基だからです。
誰かから借りると、あなたもその人が困ったときにお金を貸さざるを得ません。
そしてその人に悪気はなくても、その人がお金を返せない状況になることは有り得ます。
お金が原因で壊れる人間関係というのは意外に多いというのを肝に銘じておきます。
もし相応の社会的信用があり、審査に通るのであればお金を借りる方法のなかでも、業者を選ぶのが無難ではないかと思います。
確かに利子はかかりますけど、その他にデメリットがありませんからね。
まあ安定した収入がない人の場合は難しいので、他の方法を選ぶ必要がありますが。

 

借りやすさに不安も感じてしまいます

 

「お金を借りる」というのは怖い・不安といったイメージがあります。
近年ではキャッシングカードも作りやすくなり、コンビニのATMでも利用が出来るようですが、その気軽さが余計に怖さを感じてしまいます。
いつでも借りられる状況が作れることは、しっかりと自分で借りた金額も把握する必要もありますし、借りやすさによって余計なお金を使ってしまわないのかという不安さもあります。
一度借りれてしまえば、きっと気持ちが楽になって「足りなきゃ借りればいいか」みたいにならないのか、私には未知の世界なため怖さを先に感じてしまうのが「お金を借りる」というイメージがあります。 
叔母が若いころにお金を借りてまで色々購入していたようで、祖母や母に大迷惑をかけ取り立て屋まで来たようなので、そういった話を聞いてしまうと余計にイメージは悪く「気軽にお金は借りるものではない」と思ってしまっています。